プリセプターなどの支援体制

勤務先によりますが、基本的に新しいスタッフは、入職時にプリセプターと呼ばれる専任の先輩の指導のもと看護を実践し、回復期リハビリ病棟看護師の役割を学んでいく事ができます。
その他にも、固定チームナーシングを導入していますので、チーム全体で協力しながら看護が行え、気軽に相談しやすい環境作りがなされています。
医師・リハビリのセラピスト・介護・薬剤師・栄養師・・臨床心理士・ソーシャルワーカー等の他職種との連携のなか、それぞれの専門分野からの細かい目線で援助をする事ができていると感じています。
メンバーはさまざまで年齢層も幅広く、それぞれの経験や知識を反映させながら看護に取り組む事もできます。