外来・病棟で勤務する看護師の1日

外来看護師の一日の仕事

診療・検査介助が主な業務になります。平成24年5月に新病院移転となり、受診患者様も増加しており、診療時間の延長もあります。

病棟看護師の一日の仕事

日勤業務については、夜勤者からの申し送り前に患者様の病室を訪問し状態を観察その後、夜勤者から申し送りを受けます。申し送り後は、担当患者様の元へ分かれます。患者様の日課に合わせて検温、処置、入浴介助、検査への送迎、配薬、注射(インスリン等)、食事介助、排泄介助等、「回復期リハ病棟のケア10項目宣言」に基づき在宅復帰に向けて患者様の24時間のケアに携わっています。決め細かなサポートを行い、患者様との心のふれあいを第一に心をこめた医療を実践したいと勤めています。 夜勤業務は入院患者様が安心・安楽に夜間帯休まれるよう睡眠環境を整え、時間毎の巡視。日勤同様 在宅復帰に向けて、朝夕の更衣(朝は寝衣→普段に着換え、夕は普段着→寝衣へ着替え)及び洗面所での洗面、各食事は食堂(デイルーム)に来ていただき他の患者様と一緒に食べていただいていますが、回復期リハ病棟看護師として大切な役割として行っています。