木村病院

病院外観
»»特徴及び展望

回復期リハビリテーション病棟は、急性期後のリハビリを目的とした患者様を対象にしている病院として脚光を浴びています。木村病院の病床は55床ですが、回復期リハビリテーションのみの専門病棟であり、回復期リハビリテーション病棟としては、最高の水準の施設基準Ⅰを取得しています。したがって、外来からの一般入院はありません。急性期病院からのニーズは高く、スピーディな入院患者様の受け入れを行っています。4つの柱に基づきそれぞれの方法で一人ひとりに最適な看護ケアを実践し、患者様に満足していただけるよう心をこめて看護・介護を行っています。