訪問看護ステーション PT・OTの仕事

訪問看護ステーションで働く看護師・理学療法士は、利用者様が在宅でも安心して療養生活が送れるように援助します。
また在宅で患者さんを介護するご家族の精神的支えになることもあります。医師と連携を持ち看護・リハビリのサービスを提供し、利用者様の心身の機能の回復・維持を支援しています。病院では、医師の指示を仰いだり、上司の判断に頼る事が多いですが、訪問先では全て自分で判断します。
勉強も必要ですが、スキルアップでき、病院勤務では味わえない魅力的な仕事とも言えます。利用者様の看護・リハビリサービス以外に、各種サービスのマネージメントや調整を行います。仕事を通して自分自身の判断や決断力、コミュニケーション能力も磨かれ自己向上につながります。
責任が大きい分、やりがいのある仕事と言えると思います。数々の問題をクリアしていくごとに、今までに自覚していなかった自信が持てるようになり、満足感や充実感を味わう事ができます。自己成長が出来る仕事です。訪問看護師・訪問理学療法士は、正確な洞察力、柔軟な対応力、豊富な知識と技術が求められます。
難しい仕事ですが、看護師・理学療法士としての能力を、もっとも発揮しやすい職場とも言えます。

勤務詳細等

常勤:月~金8:45~17:45(休憩1時間)休日は土曜日・日曜日・祝日です。(祝日出勤希望可)

具体的な仕事内容

                                                                   
身体の状態観察(血圧・体温・呼吸・脈拍等の測定、病状の助言と相談)
1.日常生活の看護(疾病の予防、悪化予防に対する支援、栄養・食事に関する援助、療養環境の整備、排泄のケア、清潔のケア、日常生活の指導)
2.医療的処置、管理(カテーテル類の管理、服薬管理、床ずれ・傷の処置、医療機器の管理、その他医師の指示による処置など)
・リハビリテーション(日常生活動作の訓練、関節拘縮予防、機能訓練、呼吸リハビリ、嚥下訓練、福祉訓練用具選定、住宅改修に関する助言)
・認知症、精神疾患のある方の援助                                          
3.ターミナルケア(終末期のケア)
4.介護者への支援
5.社会資源の紹介
※同法人内に訪問診療をする医師がいるため、主治医との連携が取りやすい事がメリットです。また法人内の施設とも連携を取り、充実したサービスを提供しています。 

1日の流れ

8:45出勤・朝のカンファレンス
午前1~2件の訪問
昼 ステーションにて昼食休憩
午後2~3件の訪問
夕方 申し送り・カンファレンス・連絡事項
17:45終業                                                    

一週間の流れ

営業日は月曜日~金曜日(土曜日・日曜日・祝日は休み)
オンコール当番は1ヶ月7日間程度(手当あり 勤務希望は受付ます)

勤務職員からのお勧めポイント

スタッフの声:
・ 十人十色の在宅療養があり、個別性を考え支援していくため、今までの経験や知識を生かして関わっていけるやりがいのある仕事です。
・ ひとりひとりの利用者様と、じっくり向き合う事ができ、自分の経験や知識を存分に生かせます。
・ 訪問看護で働くようになって、今までの知識がより磨かれ、またコニュニケーション能力がつくと思います。
・ 自己判断を求められる場合もありますが、それによって成長できる職場だと思います。
・ 居宅やデイサービスが併設されているため、情報交換などがスムーズにできます。
・ スタッフの人間関係が非常に良いです。
・ 仲良く明るい職場です。
・ 困った事がある時は、気軽に相談できます。
・ スタッフ間での意思統一、情報共有がしやすい環境です。
・ オンコール当番はありますが、基本土曜日・日曜日は休みなので、予定が立てやすいです。お子様がいても一緒に遊びに行けます。
・ 外に出る事、ドライブする事が好きな人は向いていると思います。
・ 車を持っていなくても社用車で訪問出来ます。

こんな方にお勧め

・ 土曜日・日曜日・祝日はお休みしたい。(毎週土曜日がお休みの職場は、なかなかないと思います。)
・ 常勤勤務で夜勤のない職場で働きたい。
・ スキルアップしたい。
・ 自分の知識や能力を発揮できる仕事がしたい。
・ 訪問看護は利用者様に1対1でサービスを提供します。一人の利用者様に個別性をもって、ゆっくり関わりたいと思っている人。